応援します!日本の祭り、まつりーと > 祭を探す > 祭一覧 > 伊勢大神楽 Ise Dai Kagura

伊勢大神楽 Ise Dai Kagura (いせだいかぐら)

都道府県:三重県祭基本情報

「旅する獅子」が集い、舞う! Traveling lions gather to dance here!

  • 祭紹介
  • 募集内容一覧
  • 周辺情報

祭概要

諸国を巡り獅子舞を舞う大神楽師たちが年に一度、一堂に会して神楽を奉納!

伊勢神宮に参拝できない人々のため、日本各地を旅しながら獅子舞を舞い、かつては伊勢神宮、現在では伊勢大神楽講社の神札を頒布してまわる「伊勢大神楽」。現代の厳かなお伊勢参りとは異なる、娯楽と信仰に満ちた江戸時代のお伊勢参りの姿を今に伝えています。現存する5つの家元は、元旦からそれぞれの檀那場へ赴き、一年をかけて諸国を巡ります。そして12月になると増田神社に戻り、一年で最後の神楽奉納として獅子神楽・放下芸を披露します。

約450年にわたり伝承される16演目を奉納。最後を締めくくるのは、振袖姿の獅子が伊勢音頭に合わせて花魁道中を行う「魁曲」。

Grand Kagura performers who do lion dances in various regions gather once a year as a sacred offering! Ise Dai Kagura travels across Japan to perform lion dances for people who cannot visit Ise Shrine. In the past, they distributed Ise Shrine talismans but they now distribute talismans of the Ise Daikagura Kosha association. They show what it was like to visit the Ise Shrine, full of recreation and faith during the Edo period, as opposed to the visits today, which are more solemn. The five existing masters start visiting their respective parishes in the morning of New Year’s Day and visit various regions throughout the year. They then return to Masuda Shrine when December comes again and give lion Kagura and equanimity performances as their last Kagura offerings of the year. An offering of 16 pieces that have been passed down for roughly 450 years. The finale is the Rangyoku dance performance in the Oiran Parade, with lions in long-sleeved kimonos dancing to Ise dance music.

Ise Daikagura Kosha (0594-23-2498)

祭基本情報

祭ID F1266
祭名称 伊勢大神楽 Ise Dai Kagura (いせだいかぐら)
祭タイプ 門付祝福芸、語り物
ホームページ http://ise-daikagura.or.jp/ 
開催場所 三重県桑名市 Kuwana City Mie Prefecture
開催時期 12月 (【毎年】12/24)
祭り情報掲載日/
最終更新日
2020年09月18日/
2020年09月18日
問い合わせ先 宗教法人伊勢太神楽講社
担当: ()
TEL:0594-23-2498

祭情報掲載者
地域伝統芸能活用センター まつりーと事務局2
メールアドレス:support@matsuri-sanka.net

ページトップへ

周辺の募集中情報のある祭り
  • (該当する祭がありません)