応援します!日本の祭り、まつりーと > 祭を探す > 祭一覧 > 朝倉の梯子獅子 Asakura Lion's Ladder Festival

朝倉の梯子獅子 Asakura Lion's Ladder Festival (あさくらのはしごじし)

都道府県:愛知県祭基本情報

ウス(脚役)がカブ(獅子頭役)を肩車して梯子を登ります。ウスが片手・片足になってふもとを振り返る様子は必見です。

  • 祭紹介
  • 募集内容一覧
  • 周辺情報

祭概要

高さ9mで、2人1組の獅子が舞う!
2人1組の獅子が梯子を登り、高さ9mのやぐらの上で舞を披露!

A lion consisting of two performers dances nine meters up in the air!
A lion consisting of two dancers climbing a ladder and performing on a 9-meter-tall tower!

愛知県・朝倉の人々を苦しめた獅子(猪)を梯子で退治した伝説にちなんで行われる、翌年の大豊作を祝う祭り。37段の梯子と高さ9mのやぐらの上で、雄獅子の面をかぶった2人1組の獅子が、囃子に合わせて舞を披露します。風に揺れる梯子の上で繰り広げられるアクロバティックな演舞は、見る者をハラハラさせて息をつく間も与えません。「運勢の舞」「櫓上の舞」「感謝の舞」の三部構成で、約30分間にわたり獅子の妙技に魅了されます。

A festival in prayer for an abundant harvest the following year held in tribute to the legend, where a lion (boar) that caused suffering to the people of Asakura in Aichi Prefecture was exterminated with a ladder. The lion, represented by two performers wearing a male lion mask, dances to music on a 37-step ladder and 9-meter-tall tower. This acrobatic performance, given on a ladder that sways in the wind, leaves the audience breathless. Be amazed at this three-part show that lasts about 30 minutes, which consists of the “dance of fortune”, “dance on the tower”, and “dance of gratitude”.

ウス(脚役)がカブ(獅子頭役)を肩車して梯子を登ります。ウスが片手・片足になってふもとを振り返る様子は必見です。

The performer who plays the head of the lion gets on the shoulders of the performer who does the legs as they climb the ladder. The performer who does the legs getting on one hand and one foot while looking down at the base of the ladder is a must-see.

祭基本情報

祭ID F1248
祭名称 朝倉の梯子獅子 Asakura Lion's Ladder Festival (あさくらのはしごじし)
祭タイプ 踊り、装束行列
ホームページ https://chita-kanko.com/festival/ 
開催場所 愛知県知多市 Aichi City Chita Prefecture
開催時期 10月 (10月第1日曜とその前日)
祭り情報掲載日/
最終更新日
2019年08月06日/
2019年08月06日
問い合わせ先 知多市観光協会 Chita City Tourism Association
担当: ()
TEL:0562-51-5637

祭情報掲載者
地域伝統芸能活用センター まつりーと事務局2
メールアドレス:support@matsuri-sanka.net

ページトップへ

周辺の募集中情報のある祭り
  • (該当する祭がありません)